ネット上に資産を積み上げるための準備

フリーランスから起業する

フリーランスになりたい、起業したい、ネットビジネスをしたいと
考えている人に読んでもらいたい記事です。

まずは以下のことについて知りましょう。
①お金とは何か
②労働力とは何か
③自動的に稼ぐためにはどうすればよいのか

効率よく稼ぐためにお金とは何かを知る

まずはお金を稼ぐために「お金とは何か」ということを知っておく必要があります。

お金がないと仮定して考えてみましょう。

例えば、パン屋と服屋さんがあったとして、

お金がこの世にないとしたらどうなりますか?

お金がない場合、物々交換をすることになりますよね。

しかし、服とパンを交換した場合、パンは腐ってしまいます。
服屋さんはパンを食べたいときに食べたいですし、
パン屋さんは服が欲しいときに欲しい。

そこで登場するのが「お金」です。

お金は腐ることがないので、
服屋さんは服を売ってお金を受け取ることで、
好きなときにパンをお金で買うことができます。

お金は商品の価値を留めておくことができる便利なモノなわけです。

お金を稼ぐ方法

お金を稼ぐ方法は、大きく4つあります。

①時間を売って稼ぐ
②成果物を売って稼ぐ
③仕組み化して稼ぐ
④資産を使って稼ぐ

会社員やアルバイトの人は、時間を売って稼いでいます。

フリーランスのデザイナーやイラストレーターの人はデザインしたモノを成果物として売って稼いでいます。

仕組み化して稼いでいる人は、主に会社を経営している人ですね。

資産を使って稼いでいる人は、FXや株など投資をしている人です。

4つの働き方について知る

働き方を分けると4つに分けることができます。

①従業員
②フリーランス
③経営者
④投資家

ネットで賢く稼ぐために労働力とは何かを知る

労働力は年齢とともに衰える時間を売っても大きくは稼げない

時間を売っている会社員でどれだけ頑張っても稼げるお金には限界があります。

比較的稼ぐことのできる不動産のトップ営業マンだとしても、
おそらく年収3000万円が限界です。

いくら大手企業に入ってバリバリ頑張っても年収1000万円〜3000万円が限界です。

時間を売っている会社員では稼ぐことのできるお金には限界があり、
年収は会社の業績によって左右されてしまいます。
時間は有限なものなのでいくら頑張っても、
時間を売ることには限界があります。

一方で、フリーランス、経営者、投資家には年収の上限がありません。
理由は簡単で、彼らは時間を売っているわけではないからです。

例えば、フリーランスエンジニアであればシステムをつくって売ることができます。
経営者は、お金を稼ぐ仕組みをつくることで儲けることができます。
投資家はお金を投資することで設けます。

自動的に稼ぐためには労働力を変換する

まずは最低限のお金をためる

たくさんのお金を稼いだり、忙しくならずにお金を稼ぐために、
時間から開放される必要があることがわかったと思います。

フリーランス、経営者になって時間から開放されるためにはどうすれば良いのか。

(投資家になるには莫大な資産が最初に必要なので、ここでは考えません。)

まずは、売れる商品や仕組みをつくるためには、時間とお金が必要です。生活できるだけのお金を貯めましょう。

東京に住むとして、家賃月7万円と食費月3万円として
1ヶ月10万円あれば十分な生活ができます。

とりあえず100万円貯めることができれば10ヶ月は働かなくても生きていけます。
まずは自分の時間を売って最低限のお金を貯めることで、時間をつくりましょう。

起業するにあたって気をつけるべき5つのポイント

この記事でも説明していますが、起業するにあたって気をつけるべきポイントは5つです。

①小資本
②無在庫
③利益率
④ストック性
⑤成長産業

まずは少ないお金でも初められることをしましょう。
在庫を持たなくて良いビジネスです。

在庫を抱えると在庫を保管する場所も必要ですし、
売れなかったときのリスクが大きいです。

そして、ちゃんと利益があがるビジネスを考えます。
ストック性というのは、自分でつくったモノが資産になり稼いでくれる性質のことです。

またビジネスの分野が今後成長していく分野であること。
今だと動画ビジネスやARやVR、人工知能があたりますね。

ブログとYoutubeは最強

起業するにあたって気をつけるべき5つのポイント
すべてを満たしているのがブログとYoutubeです。

ブログとYoutubeは少額のお金ではじめることができ、在庫も抱えません。
更に、過去につくった記事や動画が勝手に稼いでくれます。

特にYoutubeは、今後大きく成長する市場だと言えます。
ブログで記事を書き、Youtubeで動画を取ることで
労働力を記事や動画という形で保存していく。

労働力を保存していくことが、
ネット上で自動的に稼ぐ仕組みをつくる最適な方法だと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました