売れる文章を書くための3つのポイント

フリーランスから起業する

Webサイトの文章の書き方がわからない…。LPに何を書いてよいかわらない…。そんな疑問に答えていきます。

売れる文章とは何か

まずは売れる文章を書くには「商品が売れる文章」とは何かを知る必要があります。

まずネット上で商品が売れるというのは、以下の4ステップに分けることができます。
1. 認知される
2. 読んでもらう
3. 共感してもらう
4. 行動してもらう

認知してもらう

ここは集客の問題です。SEOだったり、SNSから集客をして人をWebサイトにつれてくる必要があります。まず認知してもらうことができなければ、文章を読んでもらえません。

読んでもらう

ここから文章が大切になってきます。まずは商品を売るためには説明を読んでもらう必要があります。どんなコンテンツなのか、どんな機能があるのか、特徴を説明していきます。

共感してもらう

特徴を読んでもらうだけでは「ふ〜ん」で終わってしまい、商品は購入されません。大切なのは、「〇〇でお困りではありませんか?」というふうに問いかけることで共感させることです。共感することで信頼度が上がります。

行動してもらう

共感させることができたら、あともう少しです。商品を買うとどんなメリットがあるか説明してあげましょう。そのメリットが読者にとって有益なものであれば、購入に至ります。

売れる文章に必要な3つの要素

商品が売れる文章というのは以下を満たすものです。
2. 読んでもらう
3. 共感してもらう
4. 行動してもらう

では、どんなことを書けばよいでしょう?3つあります。

① 特徴
② 利点
③ 利益

売るためには、商品の特徴を書く

売りたい商品の特徴や機能を書きましょう。特徴や機能をリストアップすることで、まずは商品を特徴を理解してもらいましょう

商品の利点を書く

次に、売りたい商品が他の商品よりどう優れているのか説明しましょう。ここで自分の商品のがより良いということをアピールします。

商品がどんな利益をもたらすか書く

最後に、どんなにメリットがあるのか利益を説明してあげます。メリットを説明するのが一番大切です。理由は、お客さんにどんなメリットがあるか説明することで共感を呼ぶことができるからです。

タイトルとURLをコピーしました