アプリデザイナーがエンジニアと上手くコミュニケーションをとるためには

デザイン

アプリ開発では、エンジニアとデザイナーとの連携が必要なります。そんな中で、デザイナーがこうしたいというデザインをエンジニアが実現できなかったりと問題になります。そこで、今回エンジニアとの関わりに悩んでいるデザイナーのためにどうしたら良いか回答したいと思います。

ぼくは、デザイナーとエンジニアとの両方の経歴をもっているので、両者の視点で話すことができると思っています。

エンジニアが言う「実装上の都合で難しい」とは?

ここでエンジニアが言う「実装上の都合で難しい」とはどういうことなのか考えてみます。

単純に面倒くさい

デザインの細かい部分を詰める作業はなかなか面倒な作業です。単純に時間がかかってしまうから、エンジニアが嫌な顔をする場合があると思います。そんな時、デザイナーとしてはこういう理由でココをこうしたいということを論理的に説明しましょう。

ライブラリがないから独自でつくる必要がある

独自でつくるとなると、工数がかかります。エンジニアも納期があるでしょうから、そこまで作業している時間がないかもしれません。デザイナーとしてはどんなライブラリがあるか、どんなデザインが作るのに時間がかかるのか、知っておく必要があります。

そもそも実装の仕方が悪い

エンジニアの実装の仕方が悪く、技術的負債になっている場合も考えられます。デザイナーとしてはどうしようも無いので、エンジニア、デザイナーに加えてプロジェクトマネージャーを交えて議論をすると良いでしょう。

デザイナーはどうやってiOSエンジニアのことを知れば良いのか

デザインガイドラインを読む

Appleはデザインに関して、ガイドラインを出しています。このガイドラインに沿うと、工数が抑えれるデザインになります。

どんなライブラリがあるのか知る

iOSエンジニアはCocoaPodsというのを使うことが多いです。公式サイトがあり、どんなライブラリがあるか調べることができます。いろいろ検索してみると良いかもしれません。

どんなことが実現可能か知る

cocoa controls というサイトがオススメです。エンジニアがつくったプログラムをUIと一緒に共有しているので、見やすいサイトです。どんなことが実装できるのか知るには最適なサイトだと思います。

デザイナーもエンジニアも共創するという意識が大切

アプリはエンジニアだけでもデザイナーだけでも良いものはつくることができません。エンジニアとデザイナーとの連携があってより良い体験をユーザーに与えることができます。デザイナーとエンジニアとの間に壁をつくらない、そんな環境づくりが大切です。

タイトルとURLをコピーしました