大学を辞めてフリーランスエンジニアになった理由と今現在

フリーランスになる

「大学をやめようか迷っている…」「何のために大学に通っているのかわからない…」「フリーランスという働き方にも興味ある」そんな学生に向けて、この記事を書いています。

この記事では、大学をやめようか迷ってる人に向けて、どういう基準で人生の決断をすべきか紹介したいと思っています。

僕は、大学生時代にフリーランス活動をやっていて、大学で学ぶことよりフリーランスの活動で学ぶ方が効率的だと思って大学を辞めました。

研究がしたいなら大学院進学を目指すべきですし、大きな企業に就職したいなら大学卒業を目指すべきです。フリーランスでやっていくなら学歴は必要ありません。ただ大学を辞める前に、人脈を作っておきましょう。

この記事を読み終えると、大学を辞めるべきかどうか迷ってる人やフリーランスになろうと考えている学生のヒントになると思います。

大学を辞める – 将来どういう生活をしたか

大学を辞める前に将来の生活について考える

大学を辞めようか迷っているということは、何かしら大学生活に不満があるのかもしれません。今やっていることが役に立ちそうにないと感じているかもしれません。もし大学を辞めようかどうか迷っているなら、自分が将来どんな生活をしたいのか考えるべきです。

なぜなら、大学を出た後、どんな生活したいかで大学卒の資格があった方が良いかが異なるからです。大学卒業後、進む道は大きく3つだと思っています。

①研究したいので大学院に行く
②企業で就職したい
③自由に生きたい

研究したい人は大卒の資格が必須だと思います。企業に就職したい人も必須ではないかもしれませんが、大卒の資格を持っておいた方が良いでしょう。

フリーランスに学歴は不要

もしあなたが自由に生きたいと考えているなら、大学卒業の資格は不要です。フリーランスとして生きていく上で必要なのは、学歴ではなく実力やスキルだからです。

実際に僕はフリーランスエンジニアとして活動してますが、学歴を聞かれたことはほぼありません。それよりちゃんとiPhoneアプリが作れるのかどんな実績があるのかを重要視されます。フリーランスの世界は良くも悪くも実力主義の世界です。

大学辞めるなら辞める前に人脈を作っておく

人脈を作る場所としての大学

大学をやめるならやめる前に人脈をつくっておくことをオススメします。

大学時代の人脈が5年後10年後に役立つことがあるからです。社会に出て5年後、10年後大学の知り合いと一瞬に仕事をすることになるなんてことはよくあります。大学時代の友人と再会して一緒に起業する人というストーリーは珍しくありません。

学生時代の友人が手をかしてくれる

実際に僕も大学の友人とアプリ開発をしてサービスを立ち上げたりしました。困ったときには、大学時代の友達が相談に乗ってくれたり助けてくれたります。

正直、大学で学んだ内容が実際の仕事で活かせるケースなんてほぼありません。もし大学で学ぶ意味に疑問を感じているのであれば、大学=人脈づくりの場だと思うと良いかもしれません。

フリーランスエンジニアの僕が大学を辞めた理由

実際に研究室に入ってみた

僕は、大学生時代、大学院で研究するということにも興味があったので、実際にアルバイトで大学院の研究補助をやりました。そこで研究は自分のやりたいことではないとわかりました。

実践で学ぶほうが効果的

フリーランスとして稼げるようになり、大学で学ぶことはアカデミックすぎて、仕事では役にたたないと感じたので、僕は大学を辞めました。

またフリーランスは、勉強しながら成果物を納めることでお金をいただくことができます。一方で、大学生は学費を払い課題をやっても1円ももらえません。大学でお金を払って学んでいるより、報酬を頂いて学んでいった方が良いと思いました。

また、大学でダラダラ勉強しているより、実務で経験を重ねる方が圧倒的に学習効率が良いと思いました。20代の時間を有効活用するためにも大学を辞めるべきだと判断しました。

学歴がステータスという時代は終わり

フリーランスとして生きていくのであれば、学歴は不要です。学歴よりも実力やインターネット上での信頼を集める能力が大切な時代になりつつあります。

学歴なしで企業レベルの収益を上げる時代

YouTuberやブロガーをはじめ、いろんな人が学歴なしで企業レベルの収益を上げる時代です。役にたたない肩書より実力や信頼がステータスとなる時代になりました。

自分が社会に対してどんな価値を提供できるかで勝負する時代です。あなたはどんはことをして人や社会に価値を提供していきたいですか?

学歴を聞かれたことはほぼない

実際に、僕はiPhoneアプリ開発というスキルを武器に月100万円くらい稼げるようになりました。学歴を聞かれたことはほぼありません。それよりも実際によりよいプログラムが書けるかどうかが重要です。

今後必要とされるスキルに関しては、こちらの記事で説明しています。

まとめ

大学で学ぶ意味を感じていないのであれば、大学=人脈づくりの場だと思うこと。もしそれでも大学で学んでいる時間がもったいないと思うのであれば、大学をやめてもいいと僕は思います。将来、どんなライフスタイルを送りたいのかを考えて人生の道を選びましょう。

・将来のライフスタイルを考えて辞めるか決断しましょう
・大学辞める前に人脈を作っておくことをオススメします
・大学での勉強が役に立たないと感じているなら辞めるという選択肢もあり
・学歴至上主義の時代は終了しました

タイトルとURLをコピーしました