フリーランスとは?フリーランスの成功と失敗を知ろう

フリーランス

フリーランスとして、成功するにはどうしたらよいのか」と悩んでいませんか?

実は、この記事を読むと、フリーランスとして成功するヒントが得られます。

こんにちは!シンヤです。僕は、フリーランスのiOSアプリエンジニアとして、収入ゼロから安定して稼げるようになりました。いろいろなプロジェクトに参加して、楽しく働いてます。

この記事では「フリーランスとして成功するにはどうしたらよいか」を伝えたいと思います。

この記事を読み終えると「フリーランスとして成功するための秘訣」がわかります。

フリーランスとは

「そもそもフリーランスって何?」と思う人もいると思います。フリーランスとは、会社に属さずに、個人でビジネスをしている人です。フリーランスの多くは、専門的な知識やスキルをもっています。

これは「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」で紹介されている図です。

フリーランスの成功とは何か

では、個人でビジネスをしている人の成功とは、何でしょうか?

「フリーランスとして成功する」とは、次の5つを満たすことです。

① 会社に属さずに、生活できるだけの収入を得ること
② たくさん稼げるようになること
③ 長く続けること
④ 商品をつくること
⑤ 仕事を楽しむこと

フリーランスを始めたばかりの人は、「生活していけるだけのお金を稼げるようになる」必要があります。

次に、目標とする金額を決めて、たくさん稼ぐこと。たくさん稼いで、燃え尽きてしまっても、意味がありません。「フリーランスを長く続けていくこと」も重要です。

そして、自分の商品を作って、多くの人に価値を届けることができたら大成功です。

実際に成功しているフリーランス

「フリーランスで成功している人って誰かいる?」僕が成功していると思う、4人の方をご紹介したいと思います。

マナブさん(@manabubannai
フリーランスエンジニアとして活動してきて、ブログを毎日書いて、成功されています。2019年5月現在、ブログで月1,000万円以上を稼いでいます。

月3,000万を目指しているようです。また、過去にもWebサービスの開発もされています。詳しくは、こちらをどうぞ👇

Takuya Matsuyamaさん@craftzdog
フリーランスエンジニアとして活動をしてきて、Markdownノートアプリを個人で開発されています。月の売上は、65万円に達したそうです。

デスクトップアプリをモバイルアプリの両方を開発されていて、スゴイ方です。開発されているノートアプリは、こちらをどうぞ👇

入江 慎吾さん@iritec_jp

いろいろなWebサービスを開発されています。2019年5月の現在では、MENTAという「メンターをWeb上で簡単に探せる」Webアプリを開発されています。

2019年3月時点で「今月の流通額は、すでに前月の200万を超えて230万になりました。」とツイッターで発表しています。MENTAは、こちらをどうぞ👇

ふるさん@guutenx 
フリーランスでUI・UXデザインをされています。Web制作の案件を受注して、海外でノマドワークをされています。

ブログでは、フリーランスの稼ぎ方やプログラミング学習について発信されています。ふるさんのブログはこちらをどうぞ👇

成功するフリーランスの特徴

フリーランスに向いている人の特徴」でも紹介しましたが、「フリーランスに向いている人の特徴」は、次の3つだと思っています。
① 最新の技術をキャッチアップできる
② 自分をコントロール・管理できる
③ 自分でわからないことも解決できる

逆に「フリーランスに向いていない人の特徴」は、次の3つです。
① 自分で勉強できない
② なかなか行動できない
③ 相手のことを考えられない

フリーランスとして活動していく上で、「最新の情報を追っていく」必要があります。また、働きすぎや運動不足などに気をつけること。体調管理が大切です。フリーランスは、個人ですから、「わからないことを自分で解決する能力」が問われます。

失敗談

「フリーランスで失敗しないためには、どうしたらよい?」と考える方もいると思います。典型的な失敗談を3つ、ご紹介したいと思います。

信頼を失う

マナブさんが「フリーランスが避けるべき失敗」を紹介されています。それは「信頼を失うこと」です。信頼を積み重ねるのは、大変です。そして、信頼を失うのは一瞬です。

日頃から、丁寧な対応が必要になります。

働きすぎる

働きすぎて、失敗することがあると思っています。自分で、働く時間を決めることができますが、フリーランスは、働きすぎる傾向にあると思っています。

働きすぎてしまうと、肉体的にも精神的にも疲れてきます。フリーランス活動を長く続けていくには、働きすぎには注意しましょう。

不適切な見積もり

仕事を依頼されて、安く見積もりすぎてしまうことがあります。適切な金額で、契約をしないと「利益が全然でない」という状況になります。

契約前のコミュニケーションをしっかりとして、「作業すべき内容を明確にすること」が重要です。

フリーランスが成功するための考え方

「フリーランスとして成功するためには、どういうことに気をつけたらいい?」

マインドセット

フリーランスを長く続けるためには
① 無理しない
② 詰め込みすぎない
③ 焦らない
④ 完璧を目指さない

実績を磨く

錯覚資産が、フリーランス成功の鍵」でも紹介していますが、フリーランスとして、たくさん稼いで、長く続けていくには「錯覚資産」が重要になってきます。

① 成功するには「錯覚資産」が必要
② 錯覚資産が成長できる環境を与えてくれる
③ 数値で表せる結果を最速で出すことが重要

スキルをつけた後は、「目に見える実績」をみがいていきましょう。

実績が、錯覚資産になり、好循環を起こしてくれます。

やらないことを決める

やらないことを決めることで、最短で結果を最大化できます。あれもこれも手を出して、どれも中途半端という自体を防ぐためにも、「やらないことを決めておく」ことオススメします。

また、やらないことを決めることで、仕事の量を減らす効果もあります。フリーランス活動を長く続けていく上で、やるべきことを減らすことが大切です。

安さと数で勝負しない

薄利多売は絶対にオススメしない理由」でも紹介していますが、フリーランスとして成功するためには、「安さと数を売りにする」のはやめた方が良いです。理由は、次の4つです。

① 薄利多売では稼ぎにくい
② スイッチングコスト・コミュニケーションコストがかかる
③ 肉体的・精神的に消耗する
④ 制作物のクオリティーが下がりがち

適切な相場を知って、より少なく数の仕事をより高いクオリティで仕上げましょう。

相場に関しては、「グラフで見る単価と案件数」をどうぞ。

仕事を楽しく続けるのが成功

僕が、フリーランスとして活動していて楽しい理由は、次の4つです。

① 成長を感じられる
② いろいろな業種のことを知ることができる
③ 場所・時間に縛られずに作業できる
④ 生み出した価値の分だけ報酬をもらえる

仕事を楽しむこと。そして、無理せず、継続することが大切です。

継続するための秘訣

「継続するのが苦手なんだけど、わたし大丈夫かな?」大丈夫です。必要な準備をすればと、継続することができます。

継続する方法」でも紹介していますが、継続するためには、次の4つに気をつけましょう。

① 環境がとても大切
② 目標は低く設定する
③1日のうち早めに作業
④ 遅れを取り戻そうとしない

成功するには、継続するチカラが必要です。

フリーランスが収入を増やすには

「フリーランスってどうやって収入を増やしたらいいの?」

フリーランスが、収入を増やすためにすべきことは、次の4つです。

①セルフブランディング
②高単価の仕事だけする
③自分の商品をつくる
④経費を削減する

フリーランスとして活動が安定してきたら、自分の商品やサービスをつくることをオススメします。納品してばかりだと、自分のもとに「資産」が残りません。

まとめ

フリーランスが成功するためには、次の5つを意識して活動していくことが重要です。
① 生活できるだけでの収入を得ること
② たくさん稼げるようになること
③ 長く続けること
④ 仕事を楽しむこと
⑤ 商品をつくること

タイトルとURLをコピーしました